世界初の両面ディスプレイYOTAPHONEの最新機

「YOTAPHONE 2」

について取り上げたいと思います。

yotaphone2

 

YOTAPHONE2とは?

ロシアのメーカーであるYota Devicesが発売した両面ディスプレイのスマートフォンです。

アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議で、ロシアのプーチン大統領が中国の習近平国家主席にこの「YOTAPHONE 2」をプレゼントしたことで少し話題になりました。

公式サイトはこちら

YOTAPHONE2の特徴

YOTAPHONE 2の特徴は、なんといっても背面の曲線を帯びた4.7インチE-Inkディスプレイです。

電子書籍リーダーの「Kindle Paperwhite」のように常時表示される画面で、自由にカスタマイズ可能です。
このE-Inkディスプレイは非常に省電力で、こちらで書籍等を読むだけなら5日間程電池が持ちます。
また光に強く、普通の液晶ディスプレイなら直射日光の元だとかなり見えなくなるところが、このディスプレイだとハッキリと見えます。
動作はややもっさりした感じはあるようですが、省電力のサブディスプレイと考えて使えば問題なさそうです。

バッテリーが残り15%になると基本的機能をすべて背面のE-Inkディスプレイに自動的に移すことができる「YotaEnergyモード」(この状態になるとさらに8.5時間の利用が可能になります。)
すべてのAndroidアプリをE-Inkディスプレイ面に表示することができる「YotaMirrorオプション」
等の機能も有しています。

上記の通り、背面のディスプレイの方にばかり目がいってしまいますが、
4コアCPU ・ 5インチのフルHDディスプレイ ・ ワイヤレス充電可能
と、本体自体もハイスペックになっています。

新しいもの好きの方、電池が切れるのが気になる方にはオススメだと思います。
書いている私自身もこれ欲しいなあと思ってしまいました。

PV画像をみてもカッコいいですね!

 

YOTAPHONE2の価格

日本では発売していないため、海外からの取り寄せになります。
エクスパンシスで8万円程度で購入可能です(画像からリンクを貼っています)
icon
icon

YOTAPHONE2の詳細スペック
OSAndroid 4.4
カラーブラック
サイズ(高さ×幅×厚さ)144.9 ×69.4 × 8.95 mm
重さ145g
CPUQualcomm® Snapdragon™ 801 2.2 GHz quad-core
メモリ2GB
容量32GB
画面メイン:5インチ AMOLED Full HD 1920x1080
背面:4.7インチ Electronic Paper Display 960x540
バッテリー容量2500mAh
連続待受時間387時間(LTE)
連続通話時間13.7時間(LTE)
カメラ機能メイン 800万画素
前面 210 万画素