ソフトバンクの2年縛りが終わるのと、iPhone6 Plusが欲しかったのでこれを機に携帯料金の見直しをしてみました。

【ソフトバンク使用状況】
月額料金:7000~7500円
使用通信容量:1~3GB(ネットやアプリメイン)

格安SIMを色々検討した結果、通信容量の繰越ができるIIJmioを契約することに決めました。

【IIJmio契約内容】
月額料金:SMS付ライトスタートプラン 1660円
通信容量:4GB

IIJmioの契約・開通の流れ
契約前に準備するもの

・SIMフリーのiPhone
・クレジットカード
・メールアドレス
・インターネット環境(Wi-Fi環境があるといいです)

IIJmioに契約

申し込みは公式サイトから申し込みました。
IIJmioはイオンやビックカメラなどでも取り扱っているのでお店に行っても契約できます。

公式サイトからの申し込みには
・契約者の氏名
・契約者の住所
・クレジットカード番号
・メールアドレス
が必要となります。

申し込みから3日後ほどでSIMカードが到着。

iphone1

中はSIMカードとAPN設定関係があるだけでとてもシンプルでした。

iphone2

iPhoneにSIMカードを挿入

iPhoneを購入すると説明書の中に専用のピンが入っているので、それを使います。

iphone3

SIMカードはとても小さいので取扱に注意してください。
(私はなかなか入れられず落としたりして探すのに焦りました・・・)

iphone4

APNの設定

SIMを使うときにAPNというものの設定が必要です。
IIJmioの公式サイトでわかりやすく説明しています。

→IIJmioのAPN設定方法はコチラ

ここで必要なのがWi-Fi環境です。
家にある方は問題ないですが、ないという方はコンビニなどの公衆無線LANサービスを利用してみてください。

以上で開通です!

IIJmioを選んだ理由

・高速通信ON/OFFができるので、通信容量が節約できる。
・余った通信容量が翌月に繰り越せる
・プラン変更が可能

高速通信ON/OFFが面倒だな~と思うときはONのままにしていてもすごく容量が消費されている感じもありません。
ソフトバンクのときで1~3GBの間だったので同じぐらいの通信容量になります。
逆に高速通信OFF設定ができることで、2GBの1040円のプランに変更しても良いぐらいになりました。

iPhone6 Plusの一括購入で一気にお金を使った感じもありますが、2年間という長い目で見ると月々の携帯料金が5000円以上抑えられているので節約になります。

iPhoneで格安SIMを使うときの注意点

格安SIMの多くはドコモ回線を利用していますが、mineoのようにauの回線の会社もあります。
現在、auの回線はiPhoneで使えないので注意しましょう!