iPhone6sが発売され、買い替えを考えている人には格安SIMで購入するとお得です!

3大キャリア(docomo・au・ソフトバンク)も
iPhone6sに関しては価格競争で大幅値引きをしています。

SIMフリーで購入の場合は、丸ごと本体価格がかかってしまうため
キャリアの2年分割支払いに対して、本体一括支払いは高いイメージがあるかもしれません。

しかしながら、通話をあまりしない人にとっては圧倒的にSIMフリーがお得です。
特に今、LINEやSkypeでの通話が主流になってきているため、
ビジネス使い出ない場合は電話回線での通話は少なくなってきていると思います。

2年間というスパンでの価格の比較をしてみましたので、御覧ください。

 

iPhone6s 16GB データ通信量2GB(SIMフリーは3GB)の場合

まずは16GBモデル、2GBプランで2年間使ってみたときの合計金額を比較してみましょう。

 端末料金
(実質負担額)
月額料金2年間合計金額
格安SIM(IIJ、3GBプラン)の場合93744円1728円
(+通話料)
約135000円
(+通話料)
docomoにMNPの場合0円約7000円約168000円
機種変更の場合
(docomo・au・softbank各社)
約25000円約7000円約193000円

ポイントとしては、
check-t09格安SIMではiPhone 6s本体の料金がかかる
check-t09キャリアは基本通話カケホーダイ
check-t09月額料金は格安SIMがとにかく安い
check-t092年間の合計で格安SIMでは3万円以上安くなる

端末料金がかかるので最初は高く感じますが、2年間使ったときのことを考えると
格安SIMの場合、通話をほとんどしないならばかなりお得。

月1000円程度の通話料でも格安SIM運用の方が安いです。

 

iPhone6s 16GB データ通信量10GBの場合

2GBでは足りない。もっとネットをするという方はさらにお得になります。
同じく16GBモデル、10GBプランで2年間使ってみたときの合計金額を比較してみましょう。

 端末料金
(実質負担額)
月額料金2年間合計金額
格安SIM(IIJ、10GBプラン)の場合93744円3521円
(+通話料)
約178000円
(+通話料)
docomoにMNPの場合0円約12000円約288000円
機種変更の場合
(docomo・au・softbank各社)
約25000円約12000円約313000円

2年間で10万円以上安くなりました!

通話料が多少あったとしても、
データ通信を多く使う方にとってはSIMフリー運用の方が圧倒的にお得になります。

 

まとめ:通話・データ使用量次第でiPhone6sのSIMフリー運用はとってもお得!

ざっくりとキャリアとSIMフリーの場合を比較しました。
通話とデータ通信量次第でiPhone6sのSIMフリー版はとてもお得になります。

今回は格安SIMの例としてIIJmioを取り上げていますが
SIMも価格競争で他の会社のSIMでもそれほど価格は変わりません。

「自分でSIMフリー端末の設定をするのはハードルが高そう」
と思われる方も多いと思います。

そんな方でも今はイオンやヨドバシカメラ・ビッグカメラ等家電量販店でも
SIMの販売及び設定をしてくれるところが多くなってきており、
スマホの設定に詳しくない方でも気軽にSIMフリーに接することが出来るようになってきました。

これを機に一度SIMフリーでの運用を視野に入れてみるのも良いのではないでしょうか

参考

apple公式 iPhone 6s販売サイト
IIJmio公式サイト