freetelが今までの通信SIM「フリモバ」に加えて
明日の7月15日から「新FREETEL SIM」が発売されます。

sinfreetel1

画像を見て頂いて分かるように、データ通信なら299円~の低価格です。
(音声通話付SIMは999円~)

詳しい料金体系は下記の画像の通りです。

 

データ通信のみの場合
sinfreetel2

音声通話付の場合
sinfreetel3

 

100MB・1GB・3GB・5GB・8GB・10GB
と段階的に区切られており、以前のフリモバよりも少し安くなっている印象です。

また10GB以上の通信料になった時の制限速度が200kbps
フリモバの128kbpsのときよりスピードアップしています。

使いやすさはかなり向上するのではないかと思われます。
ドコモとの接続もよくなってLTEの通信速度もより高速になっているようです。

 

HPにはキャリアとの価格比較も乗っていて

sinfreetel4

キャリアにはキャリアの良さもあるので一概には比較できませんが、
データ通信を考えると圧倒的に安いということもアピールされております。

 

使った分だけ支払うプランは日本通信が先に
「b-mobileおかわりSIM」(1GB~5GBまで)を発表していますが、
「新FREETEL SIM」は10GBまでということなので幅が広いです。

まだまだ各社の競争が激しい状態ですので見逃せないですね。

 

販売はWEBサイトと、ヨドバシカメラ・ビッグカメラなど大手家電量販店でも販売される様子。

フリモバからの移行は顧客側が選択できるようになっていますので
詳しくはfreetelHPを御覧ください。