SIMフリー端末選びにおいて
ハイスペックを求めるなら候補に入るであろう

「Ascend Mate7」

について説明したいと思います。

AscendMate7

 

Ascend Mate7とは?

Huaweiが発売しているSIMフリーの機種の1つです。

日本国内では2014年12月12日発売されました。
同時に発売された低価格の、Ascend G620Sの記事はこちら

8コアの高性能CPU
6インチのフルHD液晶ディスプレイ
ハイスペックながら7.9mmの薄さ
1300万画素のカメラ
大容量バッテリー搭載

どこをとっても高性能な機種です。

公式サイトはこちら

Ascend Mate7がおすすめな人は?

以下に当てはまる方はAscend Mate7がオススメです!

・SIMフリー端末に5万くらい使って良い
・スマホをつかっていろんなことをしたい
・スマホのカメラでいろいろ撮りたい、スマホでテレビ電話する
・iPhoneにこだわりはない or Androidの方が良い
・画面が大きいほうが良い

高性能でありながら薄く、価格も抑えられています。
但し、他のスマホと比べると倍近くの値段であることと
6インチと大きめな画面なので、人を選ぶ機種ではあります。

画面が大きい方がよくて、ハイスペックを求める方にオススメです!

Ascend Mate7のすごいところ
画面が6インチで大きくて綺麗

6.0型のフルHDの画面を搭載しており、文句なしの見やすさです。
大きいと操作し難いと思われがちですが、画面の横枠が狭いため
横幅の広さは抑えられていて、持ちやすさはあります。

カメラの性能・機能がすごい

メインはソニー製の1300万画素のカメラを搭載していて、撮影モードも充実しています。
さらにはインカメラ(前面のカメラ)も500万画素で、自撮りの設定も豊富です。

電池の持ちもバッチリ

4100mAhのバッテリーを搭載しており(一般的な他機種の2倍近い容量)
設定でウルトラ省電力モード等、細かい調整が可能です。
普通に使っていても2日間くらい電池が持つらしいです。

Ascend Mate7の価格

スマホ自体の価格は5万円程です。
スペックから考えると5万円でも安い方だと思います。
NTTXStore等で販売されています。

また楽天モバイルにてセット販売が行われています。
セットで買うと楽天ポイントが3000ポイント付くのでお得ですね。
(セット購入は基本的に縛りありなのでご注意を)

Ascend Mate7の詳細スペック
OSAndroid™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI 2.3
カラーオブシディアン・ブラック / ムーンライト・シルバー
サイズ(幅×高さ×厚さ)81 x 157 x 7.9 mm
重さ185g
CPUHisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz
メモリ2 GB
容量16GB
画面約6インチ フルHD (1920 x 1080) 368ppi, IPS-NEO™液晶
バッテリー容量4100mAh(一体型)
連続待受時間-
連続通話時間-
カメラ機能アウトカメラ:1300万画素 BSI, AF
インカメラ:500万画素 BSI, FF