価格を抑えたミドルレンジのSIMフリー端末

「Ascend G620S」

について説明したいと思います。

AscendG620S

 

AscendG620Sとは?

Huaweiが発売しているSIMフリーの機種の1つです。

日本国内では本日2014年12月12日発売されました。
今まで発売されていたAscendG6の後継機と捉えてよいでしょう。

前機種のG6よりも全体的にパワーアップした上に価格も抑えられているため
2万円前後のスマホ選びでは間違いなく候補に上がる機種でしょう。

公式サイトはこちら

Ascend G620Sがおすすめな人は?

以下に当てはまる方はAscendG620Sがオススメです!

・SIMフリー端末にかけるお金が2万前後がギリギリ
・スマホにあれこれとたくさんのアプリを入れたりしない
・できればスマホが薄いほうが良い
・MicroSDカードは使える方が良い

やはり2万円くらいということで、性能はほどほどです。
それでもSIMフリー選びにおいて端末代金を節約することは
非常にウェイトが高い部分なので、ピッタリくる方にはオススメです。

もう少し奮発するとZenFone5が買えるので
価格差(約5000円)をどう捉えるかですね。

Ascend G620Sの価格

下記にamazonでの価格を紹介しています。
今現在のところ、格安SIMとのセット販売はまだあまりないようです。

Ascend G620Sの詳細スペック
OSAndroid™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI 2.3
カラーブラック/ホワイト
サイズ(幅×高さ×厚さ)72.1 x 142.9 x 8.5 mm
重さ160g
CPUQualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
メモリ1 GB
容量8GB
画面5.0インチ 1280×720
バッテリー容量2000mAh (一体型)
連続待受時間300 時間(LTE)
連続通話時間12.5時間(W-CDMA)
カメラ機能アウトカメラ:800万画素AF(フラッシュ有)
インカメラ:200万画素FF