格安SIMの選び方

格安SIMは数十種類とたくさんあるので、何を買ったら良いか迷いますよね。
選ぶときにポイントを5つにまとめてみました。

ネットをどれくらいするか、プランの選び方

まず、今自分がどれぐらい通信を行っているかを確認してみましょう。
各通信キャリアのマイページで確認することができます。
*ソフトバンクでは料金案内を見ると月ごとの使用した通信容量を確認することができます。

自分がだいたい月にどれくらい使っているかに合わせてプランを選ぶのをオススメします。

通信容量がよくわからないという方は、このような選び方はいかがでしょうか?

・メールやLINEができれば良い→低速・小容量プラン

・ネットやアプリをしたい→3GBプラン

・ネットやアプリ以外に動画も観たい→5GBプラン

・とにかくたくさんネットをしたい→大容量プラン

・家族で容量をシェアしたい、スマホやタブレットなど複数の端末で使いたい→シェアプラン

音声通話が必要かどうか

格安SIMには『音声通話に対応したSIM』『データSIM』があります。
音声通話SIMはデータSIMの料金に+700円ほどの会社が多数です。
MNPに対応した会社も多く、今の電話番号を引き継ぐこともできます。
MNPを行った場合の解約料金は通信キャリアのような2年縛りではなく、6ヶ月~1年のところが多いです。

格安SIMには無料通話がないので、無料通話分がついてるガラケーとの2台持ちという手もあります。

また、データSIMでは050PlusのようなIP電話で通話をすることもできますし、
skype、LINEなどのアプリから通話することもできます。
iPhone同士だとFaceTimeもあるので、そこまで電話をしない・・・という方はデータプランでも良いかもしれません。

・110/119番などの各種特番(3桁のもの)
・フリーダイヤル類
がIP電話では使えなかったりするので注意してください。

料金の安さ

プランが決まっても、どこの会社を選んだら良いか悩みますよね。
まず一番は料金の安さです。
同じ容量でも少しずつ料金が変わってきます。
ランキングを確認するのが早いですよ。

メールやアプリができればいい 音声通話付SIMランキング
(低速・小容量プラン)
データSIMランキング
(低速・小容量プラン)
ネットやアプリをしたい 音声通話付SIMプランランキング
(3GBプラン)
データSIMプランランキング
(3GBプラン)
ネットやアプリ以外に動画も観たい 音声通話付SIMプランランキング
(5GBプラン)
データSIMプランランキング
(5GBプラン)
とにかくたくさんネットをしたい 音声通話付SIMプランランキング
(大容量プラン)
データSIMプランランキング
(大容量プラン)
家族で容量をシェアしたい
複数の端末で使いたい
音声通話付SIMプランランキング
(シェアプラン)
データSIMプランランキング
(シェアプラン)
通信速度

格安SIMには『高速通信』『低速通信』があります。
高速通信は150Mbps、低速通信は200kbpsの会社がほとんどです。

速さってどう違うの?と思うかと思います。
現在スマホを使っている方は『LTE=高速』、『3G=低速』というイメージで良いかと思います。

低速では、
・メールやLINEに不自由はない
・画像が多いサイトやアプリはダウンロードに少し時間がかかる
・動画は画像が止まるので、音ズレがする
という点があるので、あまりネットをしない人やWi-Fi環境で使う人にオススメです。

また、速度も各会社により様々なので200kbpsと表示さていてもそれ以上のところとそれ以下のところでの差もあります。
IP電話を使う場合、200kbps以下だと使えないところもあります。
(IIJmioやOCNは表示以上の速度と口コミでも言われています)

SIMカードの種類、枚数

SIMカードは購入した端末によって変わります。

標準SIMmicroSIMnanoSIMの3種類があり、サイズが違います。
間違えてしまうと交換や再発行にお金がかかってしまうので、購入前には注意しましょう。

一つのSIMカードで様々な端末に入れ替えて使用することもできます(サイズには気をつけてください)。
入れ替えが面倒だったり、同時に使いたい方にはプランによって枚数を追加することができます。

*参考
【音声SIM】シェアプランランキング

NEXT arrow073_08 「契約前に確認!Q&A」