イオンモバイルのスマートフォンに新たな3モデルのラインナップが登場しました。

20150319aeon1

ソニー製の防水対応、おサイフケータイも搭載した
「Xperia J1 Compact」(一括5万4800円)

京セラ製の防水防塵・耐衝撃のタフネス端末
「KYOCERA S301」(一括2万9800円)

先日発表された、VAIOのスマホ第一弾
「VAIO Phone」(一括4万8000円)
※本記事の価格はすべて税抜き価格になります。

Xperia J1 Compactは4月20日から、
KYOCERA S301とVAIO Phoneは3月27日から発売されます。

Xperia J1 Compact

xperiaJ1

Xperia J1 Compactは、
片手で使いこなせる4.3インチディスプレイの、ハイスペックなスマートフォンで、
おサイフケータイ対応や、防水機能もついた使いやすい機種です。
また約2000万画素の高性能カメラを搭載しており、カメラアプリも充実
ClearAudio+の設定で高音質を楽しむことも出来ます。

イオンのXperia J1 Compactは、
So-netのデータ通信プラン「PLAY SIM」(音声通話付き)セットでの販売です。

端末代金が24回の分割払いの場合 : 約2283円(税込2466円)
高速通信1日70Mバイト付の月額料金 : 1280円
高速通信1日120Mバイト付の月額料金 : 1580円
高速通信1日200Mバイト付の月額料金 : 2580円

月額3746円~ の価格となります。

当初の発表では
「端末が3万円台で、SIMとセットで月3000円程度予定」
だったので、少し値段が上がってしまっていますね。

Xperia J1 Compactスペック
OSAndroid™ 4.4
カラーホワイト
サイズ(高さ×幅×厚さ)128 × 65 × 9.7 mm
重さ138g
CPU2.2GHzクアッドコア
メモリ2GB
容量16GB
画面約4.3インチ トリルミナスディスプレイ for mobile (1280×720)
バッテリー容量2300mAh
連続待受時間約500時間(3G)
連続通話時間最大約580分(3G)
カメラ機能メイン 2070万画素
前面 220万画素

Xperia J1 Compactの公式サイト

KYOCERA S301

20150319_kyocera_s301_01

KYOCERA S301は、
防水・防塵だけでなく、耐衝撃にも強いタフネスな機種です。

スペックはやや劣るものの、価格が安く設定されており、
水場や落下の危険性があるところでスマートフォンを使う方にはおすすめです。

イオンのKYOCERA S301は、
BIGLOBEのデータ通信プラン「BIGLOBE LTE・3G」(音声通話付き)セットでの販売です。

端末代金が24回の分割払いの場合 : 約1241円(税込1341円)
高速通信月1Gバイト付の月額料金 : 1350円
高速通信月5Gバイト付の月額料金 : 1650円

月額2591円~ の価格となります。

低価格のスマホで防水・耐衝撃は少ないので選択肢の一つになると思います。
強いて言うならスペックがもう少し欲しかったかなというところです。

KYOCERA S301スペック
OSAndroid™ 4.4
カラーガンメタ / ホワイト
サイズ(高さ×幅×厚さ)144 × 73 × 10.8 mm
重さ146g
CPU1.2GHzクアッドコア
メモリ1GB
容量8GB
画面5インチ(960×540)
バッテリー容量2300mAh
連続待受時間約1010時間(3G)
連続通話時間約1360分
カメラ機能メイン 500万画素
前面 200 万画素

KYOCERA S301の公式サイト

VAIO Phone

vaio1

イオンのVAIO Phoneは、
日本通信の「b-moblie」を利用したデータ通信プラン(音声通話付き)セットでの販売です。

端末代金が24回の分割払いの場合 : 2000円
高速通信月1Gバイト付の月額料金 : 980円
高速通信使い放題の月額料金 : 1980円

月額2980円~ の価格となります。

VAIO Phoneについては前回の記事を御覧ください。
VAIO Phoneのスペック等はこちら

 

国内でSIMフリーのXperiaが手に入ることはとても喜ばしいことです。

ただ、Amazon等で「Xperia Z3 Compact」が4万以下で手に入る状況なので、
SIM会社選びや、端末の設定をしたくないという方向けですね。